【第9回】基本的な注文方法

こんばんは、World Link Forex運営事務局のSAMです。

今回のコラムは『基本的な注文方法』です。

最近では様々な注文方法がありますが、まずは基本から解説していただきました。

まずは最も基本的な注文方法の成行注文、指値注文、逆指値注文からです。複雑な注文方法もありますがすべてはこれらの組み合わせにすぎません。

それではご覧ください。

成行注文(market order)

約定させることが最優先で価格を指定しない注文です。
そのとき約定できる市場価格で最も自分に有利な価格で約定します。
主に上がっているときに買う、下がっているときに売るときに使う、順張り的な発想の注文方法です。

気をつけなければならないことは、約定最優先なので自分が思っているよりも極端に不利な価格での成立もありうる、ということです。

この差をスリッページと言います。次にこのスリッページについてみていきましょう。

スリッページが起こる理由

SnapCrab_NoName_2016-7-2_9-42-5_No-00

左の画像はFXのものではなく日経平均先物の板ですが考え方は全く同じですし、こっちのほうが理解しやすいと思いますのでこの画像をもとに説明します。例えばプレイヤーがあなた一人しかいない場合、成行買い注文を20枚出すと15570円の23枚の売りのうちの20枚と約定され残り3枚が15570円に残ることになります。

ではプレイヤーがあなたともうひとりの2人だけで、もうひとりがあなたより0.0001秒早く成行買い注文を500枚出していたらどうなるでしょうか?
23(15570円)+71(15580円)+72(15590円)+75(15600円)+76(15610円)+74(15620 円)+69(15630円)=460枚なので15640円の73枚のうち40枚までが約定されてしまいます。
あなたはのこり33枚のうちの20枚と約定が成立します。

これがスリッページの正体です。約定価格を比較して下さい。
15570円と15640円ですから7ティックも違います。
大幅なスリッページを 避けるために取引業者によっては許容スリッページを設定できるところもあるので必ずチェックしましょう。

スリッページが起きるとき

しかし、表示価格から極端に離れた価格で約定することはそうそうありません。
上記の例のようなことが頻繁に起こるのは指標発表や要人発言のときです。
指標発表の時間は確認することで防ぐことができますが、要人発言は何の前触れもなく行われることもあるのでこればっかりは避けようがありません。

指値注文(limit order)

希望する価格を指定します。
その価格まで市場価格が届かなかった場合は約定されません。
買い注文の場合は希望価格まで下がったら買い、売り注文の場合希望価 格まで上がったら売りなので逆張り的な発想の注文方法です。

上の画像の売り数量、買い数量はすべて指値注文です。ECNであれば指値注文は現在価格の上下 何本かは見ることができます。

指値最安値で買い、最高値で売れればいいですが、ほぼ無理です。

逆指値注文(stop order)

指定した価格以上になったら買い、指定した価格以下になたら売り注文が執行されます。
文字通り指値注文の逆ですが、成行注文に価格制限を加えたもの、とも考えることができます。
成行き注文と同じく順張り的な発想なのでスリッページに気をつけてください。

逆

トレイリングストップ

逆指値注文にからんでぜひ知っておいてほしいのはトレイリングストップです。
トレイルとは追うという意味です。
利益確定のストップオーダーを相場が動くにつれて追って変えていく、という意味です。
ストップオーダーを何を参考に変化させるかはさまざまです。
最も単純なのは、一定時間ごとにxpip変化させる方法です。
他にも直近のロウソク足の高値安値や移動平均などがあります。

SnapCrab_NoName_2016-7-2_14-47-24_No-00

緑の線が20本移動平均です。一番左のロウソク足でエントリーした後、ロウソク足が1本出るたびに移動平均の値にトレイリングストップを変更していきます。一番右で移動平均を割って利益確定です。
直近の安値でトレイリングストップするのであれば、左から6本目の初めて陰線がでたロウソク足の安値を7本目のロウソク足で割ったときに利益確定です。

今回のポイント

  • 成行注文、逆指値注文は約定最優先。スリッページに気を付けましょう。
  • 利益確定方法ははじめからいくらで利益確定するのか決めておく方法と相場の出方に依存して、できるだけ利益を伸ばすためにトレイリングストップを使う方法があります。

 

さて、いかがだったでしょうか。次回は注文方法の中でも特殊なものをいくつかご紹介していただく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA