海外FXブローカーの口座開設に必要なもの

今回は海外FXブローカーに口座開設をする際に必要になる身分証明書などについて、ご紹介したいと思います。

海外FXブローカーの口座開設に必要なもの

海外FXブローカーに口座を開設するにあたり、提出が求められる書類が主に2種類あります。逆に言うと、ほとんどの場合はこの2種を準備しておけば、おおよそ事足ります。その2種とは次のとおりです。

  • 身分証明書
  • 住所確認書類

なんだ、簡単じゃないかと思われたのではないかと思います。ただし、そこは、海外FXブローカー、一筋縄では行かない場合があります。

身分証明書

身分証明書と聞いて、一番に思い浮かぶのが「運転免許証」ではないでしょうか。また、最近だと「マイナンバーカード」などもありますね。ただし、相手は海外です。日本語で書いてある身分証明書の場合、受け入れていただけないことがまれにあります。

そこでおすすめなのが「パスポート」です。これですと英語表記されていますので、すんなりと受け入れてもらえます。ただし、デメリットが1点あります。それはパスポートの発行には費用がかかるということです。現在だと16000円程度かかるようです。

海外旅行などされる方はすでにお持ちだと思いますが、そうでない方には少し負担ですよね。ですので、まずは運転免許証などでトライしてみて、ダメな場合にパスポートを申請するようにしましょう。

提出方式は身分証明書のスキャン画像や写真をアップロードする方式ですので、口座開設前に準備しておきましょう。

住所確認書類

海外FXブローカーに口座を開く際に求められる書類として、国内ブローカーと違うのがこの書類でしょう。国内ではほとんど求められませんが、海外FXブローカーでは必ずと言っていいほど、要求されます。

通常は水道料金の明細書やクレジットカードの請求書など、自身の住所が乗っている書類があれば大丈夫です。それをPDFなどでアップロードしましょう。ただ、日本語のスタッフがいるようなブローカーならばほとんど問題はないのですが、まれに英語の住所確認書類を求められる場合があります。

そんな場合は「新生銀行」に口座を開設して、英文の「口座残高証明書」を発行してもらいましょう。一通1000円程度ですが、口座残高は0円でも大丈夫です。(発行手数料だけは口座から引かれますので、その分の入金は必要です。)請求すればだいたい1週間程度で郵送されてきますので、そのスキャン画像などをアップロードしましょう。おそらく、これが一番安価に英文の住所確認書類を入手する方法だと思います。

必要な書類は事前に準備しましょう

ということで、今回は海外FXブローカーに口座開設する際に必要な書類をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

ただ、当ウェブサイトでご紹介している海外FXブローカーはいずれも日本語で大丈夫ですので、安心してください。それでは早速、海外FXブローカーに口座開設してみませんか?

 

NSFX

海外FX経験者におすすめしたいハイスペックブローカー
1.ライセンスの数がハンパじゃない。
2.通貨ペアの数がかなり多い。
3.FX以外も同じ口座でトレードできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA